hiroyuki_tの日記
ビジネス書を読んでもデキる人にはなれないを読んだ。 まとめると以下の内容だった ビジネス書は、原典と呼べるものの劣化再生版が多いので、原典をじっくり読んだほうがいいよ。 (出版社の薄利多売方針により、ビジネス書が大量に発行されている。  そのビジネス書は原典を焼き直したものがほとんどであり、ビジネス書を大量に読むより原典をじっくり読んだほうが良いとのこと) また自己啓発書を読むのであれば、原典だけではなく、日本の経営者の本を読むことをおすすめするとのこと これらの日本の経営者の本は、劣化再生版のビジネス書よりもたくさんの示唆が含まれて、おすすめできるとのこと。 紹介されている本を以下に記載する。 ビジネス書を読んでもデキる人にはなれない ◆原典 完訳 7つの習慣―人格主義の回復 思考は現実化する〈上〉 思考は現実化する〈下〉 ◆日本の経営者の本 道をひらく 社員心得帖 本田宗一郎夢を力に―私の履歴書 (日経ビジネス人文庫) 得手に帆あげて 完全版 本には「得手に帆あげて―本田宗一郎の人生哲学」とあるがこちらのほうが新しいので、こちらを記載 ものづくり魂――この原点を忘れた企業は滅びる 人間 井深大 盛田昭夫語録 「成功」と「失敗」の法則 生き方―人間として一番大切なこと 成功は一日で捨て去れ
18 Aug 2016
僕が無料の英語マンガで楽にTOEIC900点を取って、映画の英語を字幕なしでリスニングできるワケ読了 僕が無料の英語マンガで楽にTOEIC900点を取って、映画の英語を字幕なしでリスニングできるワケ だいたい以下の内容だった。 マンガボックス、ComicWalkerで英語版の漫画を読むことが可能 これによる多読 シラブル、リエゾン、アクセントに注意する。 一つのリスニング教材を徹底的に聴きこむと良い。 以下がおすすめ。 CNNリスニング・ライブラリー 世界のトップ経営者に聞く!
31 Jul 2016
ドラッカー名著集 4 非営利組織の経営読了 ドラッカー名著集 4 非営利組織の経営 読んでいてまず気づいたのが、アメリカの非営利組織の影響の大きさ。 非営利組織がアメリカ社会の中心的存在であり、アメリカを特徴づけるものとなっていると記載がある。 日本とアメリカのNPO比較を見るとわかるが、日本とアメリカのNPOが圧倒的に違うことがわかる。 またミッションの重要さ、リーダとしての動き、人事等の気づきを得られる良い本である。一読をおすすめする 本の内容として参考になる点は多数あるが、2点を下に書き出す あまりに多くのリーダが、自分のしていることとその理由は、誰にも明らかなはずだと思っている。そのようなことはない。 p30 人事は第一になされるべき仕事からスタートする 第二に、候補者を複数用意する(中略) 第三に、成果の実績を見る(中略) 第四に、強みを見なければならない(中略) 第五のステップとして、彼女と働いたこともある者二三人と会う。マリー・アンを手放すのは困るといわれたら、彼女に決めて良い。(中略) 人を選んだからといって、人事のプロセスが終わったわけではない。(中略) 「三ヶ月経った。これから何をやるつもりか書き出してください」という。彼女が何を書き出すかによって人事が正しかったかどうか分かる p163
29 Jul 2016
iMac 21.5インチとMacBook Air 13インチ購入 15インチのノートを単独で使用していたが 家での使用率が多いため、据え置きと移動用に分けた。 また、Macを使用してみたかったのと使いたいソフトがMacにしかないといったことがあったため導入 iMac 21.5インチ LATE 2015 2.8GHz QC i5, TB up to 3.3GHz Intel Iris Pro Graphics 6200 8GB 1867MHz LPDDR3 onboard 256GB Flash Storage MacBook Air 13インチ EARLY 2015 1.6GHz Intel Dual-Core Core i5 Intel HD Graphics 6000 8GB 1600MHz LPDDR3 SDRAM 256GB PCIe-based Flash Storage
30 Mar 2016
zenbackをやめて、以下のプラグインに乗り換えました。 広告がうるさくなっていたためです。 WordPress Related Posts WP Social Bookmarking Light
29 Mar 2016
Vivaldiの設定を別のMacへコピーする方法 (bata3同士での動作を確認しています。  確認していませんが、bataからスナップショットへの設定の移行もできると思われます。) 手順1 /Users/[ユーザ名]/Library/Application Support/Vivaldi/Default に設定ファイルが存在するので、フォルダごと、コピーする。 [ユーザ名]は自分のユーザ名 手順2 手順1のデータをコピー先に移送する。 (この際、Vivaldiが終了していることを確認する。)
29 Mar 2016
ストレスに負けない生活―心・身体・脳のセルフケア (ちくま新書) 読了 ストレスに負けない生活―心・身体・脳のセルフケア (ちくま新書) あんまり読んだことがない方面の本なので参考になった。 まず、「8つの健康習慣」以下を参照するのがよい。 個人的には生活習慣を改善するのが重要だと思っているので胸にストンと落ちた。 ライフスタイルと健康 Lifestyle and Health http://acupuncture.jp/dspace/bitstream/10592/17021/1/0844.pdf 力まず編のリラックスは貯金できるという話。 避けず編の避ければ避けるほど、日頃の不安も緊張も高まるという話。 上記を見て気になったら、読んでみるのが良いです。
13 Oct 2014
「年間GDP(国内総生産)の約X倍にあたるXXXX兆円の借金を国家が抱えている。消費増税をしないと、日本国債は暴落する」 などと財務省が言って各種マスコミにその情報を流せと言っておく。(軽減税率の代わりにお願いしますよなどと言って) そして、その裏では好きなだけ国債を刷れば良いと思っている。とんでもない省益最優先。日本にとって不利益なことをとことん実施し、自分の省の利益を追求する。こういった問題を政治家がどう解決するかが問題でしょう。要は「財務省では増税させるのがステータス」になっているので、それを「税率を変えずに税収を上げられる」のがステータスに変えられればよいのだろうけど。どうやったらできるのかな。 ただし、使える予算が減ってしまうのは財務省としても面白くない。予算は多ければ多いほうがいい。ただ、その点についてもぬかりはない。税収の不足分は、好きなだけ国債を発行すればいいだけだ。日本経済がまだまだ国債発行に耐えられることを、財務省は重々承知している(日本人が知らされていない「お金」の真実)
1 Oct 2014
消費税が8%から10%から徐々に引き上げられる意味が全くよくわからなかった。 経済に対する影響を考えないのであれば、10%に上げたほうが計算も楽だしいいなと考えていた。 (ただし軽減税率とかは境目がよくわからない状態になるので論外と考えていた。) 「日本人が知らされていない「お金」の真実」を読んでいたら答えが書いてあった。 まず、徐々に上げるのは、徐々に上げることによって、陳情をそのたびにやって来させ、 財務省が日本経済への支配を強めるために使うためのようだ。 さらに消費税なら上げるとその分景気が悪化するので、永遠に上げられるから便利というわけだ。 「財務省や政治家のところにはこの手の話が無数にきているはずだ。陳情に対する軽減税率をうまく使えば、日本経済への支配を強めることができる。当然天下り先も増やせる。これが、財務省が増税を悲願としている理由だ。」 (日本人が知らされていない「お金」の真実) 「こういうイベントは定期的にあったほうが都合がいい。そこで数年ごとに消費税増税を繰り返す増税ロードマップを組んで計画を立てているのだ。」 (日本人が知らされていない「お金」の真実) 「消費税をいくらアップしてもその分景気が悪化して税収が上がらないので永遠に財政再建はできない。」 (日本人が知らされていない「お金」の真実) 軽減税率は大問題 個人的に軽減税率は大問題だと思っている。 境目がよくわからなくなり、業界の都合で決まるからだ。 そういうことをするのであれば、きっちりとり全体の税率を下げたほうが良いと考える。 また消費税の「益税」問題とかどうなっているんだと思う。これもきっちり取るべき。
1 Oct 2014
http://ascii.jp/elem/000/000/165/165196/ プロセスルールが縮小されるにしたがって、(中略)トランジスターの動作速度も向上していく。半導体の進化は、プロセスルールの縮小によって支えられてきたと言っていい。 このプロセスルールの縮小が停滞しはじめてる。 プロセスルールの縮小製造の最先端をいくIntelは、14nmプロセスで遅延が発生している。(現行は22nmプロセス) 比較的新しいプロセスを使用するGPUでも28nmを2年以上使用している。 (例えば、28nmを始めて使用したGeForce GTX 680は2012年3月23日に発売されている。) GeForceが20nmプロセスで製造されるのは2015年になると言われている。 個人的に使用するPCのCPUやGPUは、必要な性能を満たしているためそれほど問題はないと考えている。 しかし、スマートフォンを始めとするモバイル関連で使用するCPUやGPUには進歩がほしいと考えている。 プロセスルールの縮小は難しい段階に入っており、ブレイクスルーが求められており 日々研究が進んでいる。 ブレイクスルーがなり、その技術がスマートフォンに使われる日を期待したい。
22 Jul 2014
Design pdevty