Hiroyuki Abeの日記
MhtViewerのintent-filterの現状

AndroidにMhtViewerをインストールするとファイルマネージャでHTMLファイルを選択した際に
MhtViewerが選択肢に現れる事がある。
これについて現在わかっている情報をまとめる。

MhtViewerのintent-filterは以下としている。 AndroidにMhtViewerをインストールするとファイルマネージャでHTMLファイルを選択した際に MhtViewerが選択肢に現れる事がある。 これについて現在わかっている情報をまとめる。 MhtViewerのintent-filterは以下としている。

まずandroid:pathPatternのみの設定で良いのではないかと思うかもしれないが
android:pathPatternでは反応しないファイルマネージャがあるためandroid:mimeTypeも設定している。
android:mimeType=”message/rfc822″だけではなく、android:mimeType=”text/html”も対象にしている。

これはファイルマネージャによっては、MHTML形式のファイルをmimeType=”text/html”と誤判定する場合があるためである。

上記のため、現状では上記設定としている。

ファイルマネージャがファイルの判定を拡張子で行い、mimeType=”message/rfc822と判定してくれれば問題はない。
しかしファイルマネージャがファイルの中身でファイルを判定する場合、MHTML形式はHTMLファイルとの区別が難しいファイルもあるため誤判定によりandroid:mimeType=”text/html”と解釈されるケースがそれなりに存在する。

それを救うために上記intent-filterの設定にしている。
とりあえず、上記設定としているが、もっと良い方はないのだろうか。

26 Jan 2013
Design pdevty