hiroyuki_tの日記
3つの3.0インタフェース

PCの拡張性に大幅な影響を与えるのが

USB,Serial ATA,PCI-Expressの3つである。

この3つにはアップデートが迫っている。

USB,Serial ATAについては拡張ボードの導入で

対処可能な部分があるが、マザーボードが新しいバージョンを考慮した設計になっていないと

能力が十分に生かせないという問題がある。

そのため出来れば新しいバージョンを考慮した設計がなされているものを導入したい。

PCI-Express 3.0については

一般ユーザにとって主な用途となるビデオカード(GPU)が

PCI Express 2.0で十分と思われることもあり、あまり気にしなくても良いと考える。

そのためUSB 3.0、Serial ATA 3.0について考慮した設計がなされ、

チップセット内蔵された時が買い時と考える。

つまりIntelなら2012年、AMDなら2011年と考える。

USB 3.0

チップセット内蔵でマザーボードに搭載されるのが

Intel 2012年から(予想)

AMD 2011年から(予想)

Serial ATA 3.0

チップセット内蔵でマザーボードに搭載されるのが

Intel 2011年から(予想)

AMD 2010年から

PCI-Express 3.0

2011年に仕様決定と思われるのでその後

25 Jun 2010
Design pdevty